名水バイオ研究所では名水鑑定を低価格で行っております。水質が一流でなければならない名水にとって正確な鑑定は重要ですので、是非ご利用下さい。

有限会社 名水バイオ研究所

トップ
名水鑑定
鑑定の手順
鑑定の価格
名水マップ
著書の紹介
リンク
■ お問い合わせ
〒739−0321
広島市安芸区中野六丁目20−1
広島国際学院大学
地域共同教育センター内
有限会社 名水バイオ研究所
TEL / FAX (082)820−2680
メールでのお問い合わせ
ご挨拶

<採   水>

ミネラル水用ペットボトル 1−2L(注1)

名水バイオ研究所へ持参、または郵送 (注2)

22−30項目水質分析
きき水、地質調査

2週間後に鑑定報告
通常の鑑定結果報告又は、鑑定書作成(賞状様式)


<採水時の注意事項>
大切です。採水法がよくないと、せっかくの分析、鑑定が無意味になります。

注意1
(1)採水容器は必ずミネラル水用ペットボットルを使用のこと。
  ジュース、清涼飲料、焼酎用は有機物が残留して、分析、
  きき水に影響。
(2)容器を水道水でよく洗い(3回以上)、さらに採水する水で
  3回以上洗う(とも液洗い)
(3)フタを水道水と採水の水でよく洗う。フタの内溝もよく洗う。
(4)1−2L採水。
(5)沢水、浅い井戸水(10m未満)の水は、雨の日の3日以降
  に採水のこと。深い井戸水では、5−10分間水を出してから
  (捨て水)採水のこと。

注意2
(1)その日のうちに発送のこと。夏場(5−9月)はクール便で。
(2)採水日時、地名(詳しく、地質図と照合のため)記入。